車いすの選び方
軽量車いす
カテゴリー
特集ページ
 
 
 
 
 
 
 
 
ご利用ガイド

カレンダー

2021年 04月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
電話受付 9:00〜17:00
インターネットは24時間受付
電話業務 休業
インターネットは24時間受付

当店の姉妹店

シルバーカー・歩行用品通販のロッキーへ
介護ベッド通販のロッキーへ
介護用品通販のロッキーへ
 

バリアフリー住宅づくりのポイント

住みよい住まい

高齢者になると足腰が弱くなり、車いすや歩行器を利用する機会が増えます。ご家族の中に車いすの利用を検討している方がいる場合、将来を見据えて車いすの利用を考えた家づくりをしておきませんか?

車いすでの生活は想像している以上に多くの不自由があります。こちらでは、車いすで快適に過ごせるバリアフリーな家づくりのポイントをご紹介します。

目線の高さを意識しよう

車いすに座っている状態と立っている状態では、目線の高さが違います。車いすで一日過ごしてみると、いかに家が健常者仕様になっているか分かることでしょう。

洗面所の高さやスイッチの位置は高くなっており、車いすに座ったままでは手が届かないなどの不便さが生じます。洗面所や浴室などの水回りなど、毎日使う場所は快適に使える工夫が大切です。洗面所は洗面器の高さを低くしたり、鏡に角度をつけたりすると車いすに座ったままでも利用しやすくなります。

また、キッチンや棚は物を取りやすい高さにしたり、照明スイッチも座ったまま手が届く位置にしたりなどの工夫をしていきましょう。

動線の確保

家の中を車いすでスムーズに移動するには、十分な幅が必要です。車いすは自走用と介助用で幅が違います。利用する車いすの幅を確認して、十分な幅を確保しましょう。方向転換や移動する際にどれくらいの幅が必要かも事前に確認してください。

また、家具の配置も重要です。家具を置くとその分移動に必要なスペースがとられます。将来、物が増えたときに家具を増やさなくてもすむように、事前に十分な収納スペースを確保しておくとよいでしょう。

快適に過ごせるスペースを

車いすや歩行器を意識した住宅づくりをする際に、多くの方が段差解消やスロープの設置、ドアの開閉スペースを設けるなどの工夫をしていることでしょう。それにプラスしてもう一歩踏み込んだところまで配慮すると、より車いすや歩行器利用者が快適に暮らせる住まいづくりができます。

例えば、外に設置するスロープです。雨の日は屋根がなければ濡れてしまいますし、タイヤが滑って転倒する恐れがあります。屋根を設置したり、すべり止めテープを貼ったりと、あらゆるシーンを想定したバリアフリー住宅づくりが大切です。

車いすや歩行器、歩行車をお探しなら、当店をご利用ください。当店は車いすや歩行器を専門に取り扱っている通販サイトです。屋内用の車いすをお探しであれば、幅のスリムな車椅子や小回りのきく六輪車椅子がおすすめです。車いすのみならず、室内用に設計された歩行車やベッド周りで便利につかえる歩行器など、幅広く歩行用品を取り扱っております。

ページトップへ

ページトップへ

車いす・歩行器の通販なら

車いす歩行器通販 なら【車いす通販のロッキー】で!
福祉用具専門相談員がご購入の相談を承ります。一流メーカー品を激安特価で販売しております。
携帯用簡易車いすや折りたたみ車いす、人気の軽量タイプ、コンパクトタイプなど種類も豊富に取り揃えております。
また歩行器や歩行車も取り扱っております。車いすのことなら車いす通販のロッキーにおまかせください。